ベッドルームは、睡眠を十分とり身体を休めるところ。回力回復・運気回復にとても大切な場所です。

人の運に大きく作用するエネルギーは睡眠でも補充されます。ですから、質の高い眠りをとれる空間に仕上げる事が大切です。

1人1人の好みは違うと思いますが、落ち着いて休める「自分自身」が癒される、ご褒美空間を作ってください。

癒される色彩や香り。音楽や清潔で肌触りの良いお布団。良い睡眠をとる事で良い気がチャージされ、次の日の良い運が廻り始めます。

ベッドルームの基本は、清潔!癒し効果!

前日、悪い事に捉われても、厄をお風呂で落としぐっすり質の良い睡眠をとる事で、新しく良い運がチャージされます。質の良い睡眠をとる事に関心を向けましょう。

ベッドルームチェック

□ 1、フローリングにそのまま布団を引く
□ 2、シーツやまくらカバーを洗わない
□ 3、ベッドメイキングをしない
□ 4、太いストライプ柄の布団を使用
□ 5、多くのぬいぐるみと眠っている
□ 6、鏡に寝姿が映る
□ 7、ベッド周りがごちゃついている
□ 8、夜に窓を開けたまま眠る
□ 9、ベッドの下に不要物を収納している
□ 10、開運アイテムが無い

如何でしたか?これらは全て運気が下がるものです。
改善法も書いておきますので参考にして、該当する箇所を直してみましょう。新しい運が廻り始めますよ^^

1、フローリングにそのまま布団を引く

フローリングにそのまま布団を敷いて眠っても、エネルギーがチャージされません。ですので、運気も上がりにくくなります。

フローリングにそのまま布団だと、就寝中「ほこり」と「冷え」に無防備な状態となります。質の良い睡眠は取れなくなるのでお勧めできません。

どうしても布団を引きたいならマットレスの上に敷き少し高くなるようにしましょう。また空気清浄機などもおススメです。

2、シーツやまくらカバーを洗わない

シーツや枕カバーが汚れていると、能力UPが望めません。

寝ている間は、心身の良い気を整えるのと共に心身の悪い気も体の外に放出しています。

寝具を洗って寝ている間に出た厄を落としましょう。

3、ベッドメイキングをしない

布団が乱れたままだと1日の生活が始まらず、健康運・才能運が高まりません。

ベッドメイキングをすることで、夜の陰の気から昼間の陽の気に切り替わります。昼間の活動の気が始まらないと、運も開けません。

ベッドだと布団を干すのを忘れがち、天気の良い日はお日様の「陽のエネルギー」を沢山キャッチ!布団に気を入れる事で寝ている間に沢山の良い気をチャージできます。

夜の気をリセットしてから、1日を始めましょう。

4、大柄でハッキリした色合いの布団を使用

浮き沈みの激しい日が多くなる。

お布団の柄・色合いは質の良い睡眠をとるのに不可欠。あまり奇抜な柄や色は好ましくありません・

NG
黒色:停止パワーを持つので気力が奪われます。
純白:気持ちが盛り上がらず。ときめき・精力減退。
大柄チェック・ストライプ:浮き沈み多し

おススメ
薄いピンク:恋愛運・SEX運UP
パステルグリーン:癒し・ストレス軽減
ラベンダー:輝きUP
紫色の枕カバー:才能開花

質の高い眠りには、寝具の力を借りて!

5、多くのぬいぐるみと眠っている

ぬいぐるみに気を奪われて、気のエネルギーが低い人になる。

ぬいぐるみや人型のお人形は、人のエネルギーを吸うとされています。沢山の良い気を必要とする玄関と寝室にはあまり数多く置かない方が良いでしょう。

沢山のぬいぐるみと眠る事は、沢山の気を奪われている事になります

沢山のお人形と眠るのはやめて、良い気をしっかりチャージしましょう。

6、鏡に寝姿が映る

鏡に寝姿が映ると、運がどんどんなくなっていきます。

風水で鏡は最強のエネルギーを持つアイテム。強いパワーを持っていますが使い方を間違うと良い気も跳ね返してしまうので要注意。

鏡は、寝姿が映らない場所に移動するか、どうしても移動できないようなら使うとき以外カバーをかけるようにしましょう。

7、ベッド周りがごちゃついている

ベッドの周りがごちゃついていると良い気が入ってきません。

風水では頭から良い気が入って来ると思われているので、枕元が散らかっていると良い気の妨げになります。

沢山の本・仕事の資料・人形・携帯電話✖
仕事の資料は疲れが取れず、仕事運を落とします。携帯電話は人間と違う気が出ているので、そばに置いて眠ると気が乱されます。本は読む本1冊くらいにしておきましょう。

枕元は整頓して、その日読む本とメモ用紙位にしておきましょう。

8、夜に窓を開けたまま眠る

夜に窓を開けていると、陰の気が入ってきます。

換気や風通しは、昼間にしましょう。ありがとうございました。朝起きて太陽が昇る東からは良い気が入りますので、東側の窓から風を通しましょう。

夜眠る時は、窓を閉めましょう。

9、ベッドの下に不要物を収納している

ベッドの下に不要物を入れていると、良くない気が上で眠っている人に悪影響を与えます。。

ベッドの下は何も置かない。どうしても置くなら大切なもの、清潔なものにしておきましょう。

10、開運アイテムが無い

ベッドルームが簡素。

潔なベッドルームは理想ですが、モノがなく色も無いようなベッドルームからは何も生まれません。
心が休まる色・香り・音楽・絵画、癒しをテーマに自分が良い眠りにつけるアイテムをお使いください。

何処でも重宝される観葉植物は、寝室には置き過ぎない事。丸く下にたれていく葉っぱの植物がより癒しを与えてくれます。

********************

如何でしたか?基本は、「清潔!癒し効果!!」です。寝室はエネルギーをチャージする場所ですので自分で心地よく感じる場所にして下さいね。何か心配やご質問がありましたらLINE@で1対1トークでご連絡下さい。

他の部屋をチェック↓

玄関  廊下・階段・壁  リビング  洗面所  バスルーム  トイレ  キッチン