*25*『魂色入門講座彩喜-saiki-』

おはようございます
『魂色』良由未-Mayumi-です。

『自分の人生を自分でつくり物語にする』
豊かな無限エネルギーに包まれるために、今日も、歩みを進めて参りましょう!

前回は、 「人生の木」の
お話をしました。
今回はその中の、
「健康」に、フォーカスしていこうと思います。

あなたは、自分自身の身体に気をとめていますか?

『魂色』の中では度々出てきますが、
自分の身体は自分しかわからない部分が沢山あります。

現代では、何かとお医者さんに頼りきりですが
自分の身体は自分がいたわる必要があります。

せっかく生まれてきたのに
身体を粗末にしたらそれだけ
寿命が短くなります。

まだ本当はやれることや
やるつもりだったことが
身体を痛めたばかりに
出来なくなる事は、痛恨の痛みです。

死んでも死に切れません!
(このような痛みは、身体の遺伝子に残され受け継がれます)

例えば、魂だった時の計画で
自分子供として生まれてくれた
縁ある魂の子育てを手伝います!
と約束していたのに、手伝えなかった。

善きお婆ちゃんとして生きることが
一つの課題なら、この人生は再びやり直しです。

それが、ちょっと若い頃の不摂生だったり
身体に良くない食品の取りすぎだとしたら
とても悲しいことです。

病気になってから慌てるより
なる前に、気にかけてあげましょう

現代人は身体を酷使している

昔に比べ、便利なものが増え
楽をしているようで
実は身体に悪かったりするのが
現代人のライフスタイル

以前だったら、

身体を使う仕事が多く
昼間しっかり身体を動かし働く
夜はしっかり眠る。

だったのが、デスクワーク
PC作業で、身体は使わずに
頭や目を使い、身体は丸まって
固まる傾向にあります。

動かす方が酷使してそうですが
人の体は動かすことには
割と順応力があるようで

今日は2キロしか走れなかったのが
しばらくすると5キロ・10キロを
普通に走っていたりします。

ですので、怖いのは動かし過ぎより
固まっている方です。

血液と血液の循環をよくする

固まったままにしておくと
血液の循環も悪くなり
身体の歪みにもつながります。

血液の滞りは大変な負担です。
合併症で恐れられている糖尿病。
母が長いこと患っていたので
大変詳しくなりましたが

糖尿よ悪血病と言った方が
分かりやすいです。

血液がドロドロになり
身体に回らなくなると
失明するよ!手足が腐るよ!
細かい血管に血液が行かなくなり
臓器がダメになっちゃうよ!なのです。

健康な血液が身体中回っていれば
少々な細胞の痛みは、自己修復能力が働きます。

しかし血液の流れが滞り
また運ばれたとしても質のよくない血液だと
治すことができず
どんどん、悪循環になってしまいます。

早い段階での、
さすったりほぐしたりは
身体が喜ぶ行為になります。

マッサージや整骨医院・エステも
良いですが、1番手軽でいつでも出来るのは
自分チェックです。

軽くで良いので、自分の身体のあちこちを
手のひらでさすってみて下さい。
気持ち良かったり、ちょっと痛かったり
色々な感覚が分かります。

そうして身体を撫でているうちに
顔色がよくなったり
冷え性が消えていたり
いつもある検知感が消えていたりします。

猫をみていると絶えず
体を舐めたりこすりつけたり伸ばしたり

ああいうのがお手本です。
お医者さんのいない動物は
自分で自分の身体に
何が必要かわかっているのです。

お医者さんに行っても
病気とは言われないけれど
何かが違うと感じる身体の不調

身体自身も治そうと頑張っているところに
薬をいれられてしまうと
治さなくてもいいんだと
身体の信号が勘違いします。

長年自分で自分の体をみていると
お医者さんが必要な痛さと
そうでない痛さがわかってきます。

お医者様も必要ですが、その前に
自分の身体に自分で向き合って下さいね。

身体は注目してもらうのが好き

そう、ちゃんと見てあげていると
それに答えてくれるのも身体です。

見て構ってあげると
不思議なもので
それなりに愛着が湧いてきます。

若い頃は嫌で嫌でたまらなかった太い足

親からよく「大根足」と言われ
なんでこんな形なんだろうと
嫌いになり全く見ようとしませんでした。

今は見てむくんでるなと思えばさすさす
さすります♪

相変わらず太いのですが、
足ちゃんと仲良しなので
年の割には痛みもなく
ちゃんと歩いてくれます。

死ぬまで歩かないといけないのだから
大切なパートナー

なりたいプロポーションの
写真を貼ると良いよと言いますが
当たっています。

視覚やイメージは、不可能を可能にします。

自分の身体の嫌なところは
見たくないでしょうが
見た方が改善していくのです。

大根足に加えて「鼻ぺちゃ」も
言われていました。

しかしこちらは小さい頃から
鼻をつままれていたので
大きくなる頃には、
「鼻ぺちゃ」は全く気にしていませんでした。

怪しげなダイエット薬を飲むより、
なりたいプロポーションを想像しながら
お腹や二の腕のいらない肉をポイする
イメージやちょっとした身体への
ボディケアで、1年後が変わってくるのです。

身体を作る材料は口からいれたもの100%

どんなに身体をいたわっていても
そもそも、身体を作る材料が不足していると

健康な身体作りはできません。

身体は360兆個の細胞で
できていると言いますが
その360兆個の細胞は各部位で
定期的に作り変えられています。

よく耳にするのは、お肌の28日周期でしょうか!

新しいお肌の細胞を作るとき

お肌の材料となる栄養素を
たっぷり含んだ質の良い食事をとり
それを材料にした肌

インスタントばかりで睡眠不足、
満足な食事も取れていない状態で
作られた肌

どちらが質の良い肌になるかは
聞かなくても想像できますよね。

ではこれが、臓器でも同じですよね。

質のよくない材料で作られた臓器は
機能が弱くなるし
細胞が弱いとウイルスにも弱いです。

自然に病気が多くなります。

話せば皆当たり前ですが
そこを改善しないで、
薬や外科的治療に頼っているのが
今の私たちです。

根本から改善するのは、
病気になってからでは中々できません。
元気なうちから、
少しづつ改善しておきましょう。

今の時代、本当に質の良い
身体に良い食事100%は、無理だと思います。

ですので、神経質にならないよう
ほどほどでも、全然違うので
出来る事から始めましょう!

自分の体は、手間をかけ可愛がれば
100%こたえてくれます。

一生付き合う大切な魂の器です。
歳を重ね、誰から見られなくなっても
自分だけは見続けましょう
シワの1本1本にも愛着が出てきますよ♡

人生の物語に組み込まれていることもある

病気や事故が、物語に組み込まれていることもあります。

中には、ハンデを背負って
生まれてくることもあります。

その中で、自分の気付き
周りの人々の成長など
魂を輝かせるための仕掛けを
多く作っているのです。

私たちは、自分に起こる様々なことを
計画して生まれてきていますが
計画通りに行かないのも人生。

魂の自分が考えていた以上の
人生を送れたら素敵ですね。

 

彩喜-saiki-のコンテンツや
メルマガの感想・質問・ご要望などありましたら
ご遠慮なくメッセージ下さい。
お待ちしています。

それでは、また3日後にお会いしましょう。

今日もご機嫌にお過ごし下さい。

『魂色』良由未-Mayumi-