*27*『魂色入門講座彩喜-saiki-』

おはようございます
『魂色』良由未-Mayumi-です。

『自分の人生を自分でつくり物語にする』
豊かな無限エネルギーに包まれるために、今日も、歩みを進めて参りましょう!

前回までは、 「人生の木」の3つの実の
お話の中で「健康」「金銭」のお話をしました。

今回は「愛情」に、フォーカスさせて頂こうと思います。

愛情

愛情と言うと何が浮かびます?

恋人や夫への愛
子供や家族愛?

師弟愛や同族愛、仲間への愛
人類愛などもありますね。

ネットで調べると

相手に注ぐ愛の気持ち
・深く愛するあたたかな心
・異性を恋い慕う感情
とあります。
この愛情、素直に出せたら
この世はもっと愛に包まれるのでは!!
と考えるのです。
親子間のトラブル

男女のいさかい

愛情の掛け違いとでも言うのでしょうか?

大切な人に大切な言葉を
伝えられない。

最近そのような方が多いです。

自分自身にさえ優しくできていないのに

四六時中人に優しく出来る人は稀です。

ちょっとした忙しさや
余裕のなさは
感情的な物言い・態度で大切な人を傷つけます。

愛しているからこそ

親子関係や恋人関係・夫婦関係、
人間関係のご相談では、

相手のことが好きなのに
上手く気持ちを伝えられていない。

伝え方を忘れてる

優しくできない

すぐ怒ってしまう

素直になれない

拒否られるのが怖い

冷たくしてしまう

嫌っているわけではないのに
とっても大切なのに
「嫌い」と受け取られる
「愛情」が見えない行動になり、
それが習慣化

もはや愛情を注ぎたいのに
注げない、目詰まり状態。

夫婦や親子なら、長年一緒で
『わかっているでしょう!!」と
言いたいけれど

言葉にださないと、わかりません

もっと優しく話したいのに
口から出る言葉は、詰問口調。

「離婚」や「別れ」の相談も
さかのぼって紐解いていくと
始まりは、「とっても好きだから」

一緒にいたいのに、
なんでいてくれないの?

優しくして欲しいのに、
なんで優しくしてくれないの?

本当の気持ちは

好きな人と
「笑っていたい」
「仲良くしたい」
「愛し合いたい」
「慈しみ合いたい」

「優しくしたい」
「包んであげたい」
「役に立ちたい」

から始まっているはずなのに・・・

 

相手から愛情を示してもらわないと
「愛」はあげられない?

優しくしてもらえないと
優しくできない?

とってもいい子でなければ
愛情は湧かない?

よくしてもらえなければ
よくしてあげられない?

自己愛と対象愛

今まで自分を
「愛しましょう!」
「好きになりましょう!」
と自己愛の話してきました。

 

「自己愛」とは、
自分のいいところだけでなく
弱いところや醜いところも受け入れ
全部を愛すことを言います。

それを自分だけでなく
他の人にも注ぐ
他者愛は「対象愛」といい
他者の良いところも悪いところも
受け入れることです。

乱暴な態度に乱暴な口調は
カラカラのトゲトゲ
愛情エネルギーが飢餓状態です。

関係を改善したいのなら
無償の愛を注いでみましょう。

何も欲しがらず、
注いで、注いで、注ぐのです。

相手の態度には惑わされません。
相手の態度で、こちらも態度を変えるのは
愛情ではありません。

もし、注ぐのができないのでしたら
それも1つの選択です。

たとえ親子でも
なんらかの理由で
愛情エネルギーが枯れてきて
お互いトゲトゲなら
側にいてもお互いが傷つきます。

取り返しがつかなくなる前に
離れて、傷を癒し
エネルギーを満たし、再チャレンジです。

それが次の優しさに繋がります。

 ココロに愛情エネルギー!

長々と話しましたが、結局

自分を満たしてないと
愛情も存分に注げないのです。

メルマガの前の方で
エネルギーの奪い合いの話を
沢山してきましたが、

愛情もエネルギーです。

自分で愛を満たせる人は
人に注ぐことができます。

自分で満たせないと
人とのやり取りになり

あげた分だけ、もらった分だけの
愛情になってしまいます。

自分をしっかり満たして
愛しい人に、しっかり愛を
注げるようになりましょう

 

彩喜-saiki-のコンテンツや
メルマガの感想・質問・ご要望などありましたら
ご遠慮なくメッセージ下さい。
お待ちしています。

それでは、また3日後にお会いしましょう。

今日もご機嫌にお過ごし下さい。

『魂色』良由未-Mayumi-